ロシア人との国際結婚でも「離婚の契約書」は必要です

ロシア人との国際結婚は、注意点がいろいろとあります。

ロシアでは離婚率が非常に高く、まず結婚する場合は約1ヶ月間の交際をして、お互いの結婚の意思が高ければ結婚が認められるのですが、結婚の際に「離婚の契約書」を取り交わす必要があります。

日本では,まず考えられないのですが、ロシアでの決まり事なので従わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

国際結婚の仲介業者を利用する前に

当然国際結婚でも、「離婚の契約書」は必要となるでしょう。
また一般的にですが、ロシア人の女性は恥ずかしがり屋であるといわれており、お見合いなどの席では笑顔があまり見られないといわれますが、これは恥ずかしがり屋のせいだといわれています。

ロシア人女性は、家庭的で仕事より家庭を大事にする傾向にあるので非常に優しいようです。
ロシア人との国際結婚では、ロシア人女性は異国人との結婚であるため、当然ながら夫となるかも知れない男性に、包容力・経済力・優しさを求めてきます。

女性が、将来も安定である生活を望むのは、国際結婚に限らないものでしょう。
現在、日本人との国際結婚仲介業は、ウクライナやハバロフスクなど主に極東ロシアや、中央ロシアの方々が多く紹介されています。

国際結婚の仲介業者では、ロシアは法的にも特に問題がありません。
但し、国際結婚の仲介業者には、暴力団関連の業者も多いということを忘れないでおきましょう。

国際結婚は、文化の違う他の国の人と一緒に暮らすわけですから、習慣などでのお互いの歩み寄りは必要です。
辛抱強く歩み寄っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする