熟年での離婚再婚は気持ちの自立を大切にして

近年熟年層の離婚件数が増加しています。
団塊世代が定年を迎える「2007年問題」とともに熟年の離婚も増えていくという関係が成り立っているようです。

また、熟年層の女性が若い頃には自立という選択肢を選べなかった環境というものがどんどん変化していき、性別年齢に関係なく、自立し仕事を持つ女性たちの影響や、夫婦関係を見直したりするという事がきっかけとなりすれ違いの続いた夫婦関係を終わらせて次のステージへ踏み出すという女性が増えているのです。

スポンサーリンク

熟年離婚の実情

とは言え経済的、または健康上の不安というのも同時に背負うのが熟年離婚の実情です。
我慢して一生通すのか、多少の不安はあっても自立して生きていこうと決意するか、はそれぞれの価値観次第でしょう。
しかしこうした熟年離婚が増えるのと同時に、熟年シングルという人が増え、逆にそういった人どうしの再婚件数も増えているという実態も明らかになっています。

こうした背景には離婚、再婚に対する社会的な認識の変化が大きく影響しています。
老後の不安などを考えると、子育てやただ恋愛したいという気持ちよりも一歩進み本当に気の合う異性と暮らしたい、と考えるのも自然な事です。

しかし、なかなか出会いの機会がない…そんな所もあって離婚に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。
人間関係では、ある人との繋がりを断つことで新しい出会いを得られるという面も多分に持ち合わせています。

ひとつの人間関係に縛られる事で失う繋がりもあるという意味なのです。
逆に考えると、断つことで得られる出会いもあるのです。
離婚を決意しても、そのあと必ずいい出会い、いい再婚相手と出会えるという保証はどこにもありません。
しかし自分の身の置き方を変えてみることで考えが変わったり、見えてくるものもある、と、熟年離婚経験者の中にはこのように考える人もいます。

離婚はとてもエネルギーを使うものです。
再婚ともなるとさらにまた結婚という大きなイベントを迎えるわけですから、やはりエネルギーを費やしてしまう、と、億劫になる人もいることでしょう。
しかし出会いやパートナーとの関係というのは今の時代では実にさまざまな形があります。

再婚して籍を入れるというのは手続きも大変、というようであれば一緒に暮らすという約束をして再婚はしない、そんなカップルもたくさんいます。
熟年での離婚、再婚では、やはり気持ちの自立を大切に、パートナーを探していきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする